新卒、会社やめるってよ

すでに会社を辞めようとしている新卒1年目社会人の日常です。社会不適合者が主に会社や上司の愚痴を言いながら、仕事を続けていくのかそれとも辞めるのか、日々の葛藤を文章にしております。会社のことから趣味のことまでつぶやきます。

部署でとうとう誰にも相手にされなくなってしまった話

8月に1人退職しているうちの部署。

そのままズルズル時は過ぎていったわけだが11月某日。

ついにうちの部署に新たなメンバーが加わることとなった。

名前を聞くと、同期の違う部署にいた女の子だった。

 

いやいやいやいやいやい

かなり忙しい部署で、俺の教育すらまともにできていないのになんでもう1人新入社員増やしてんの?????

とは思ったが、

1番年が近い人が35歳という部署なので同期が来ることは素直にうれしい部分もあった。

 

ただ、それ以上に嫌な予感は的中するのである。

 

彼女、仕事ができるできる。

これでは僕のメンツが立ちません。

 

彼女は僕と正反対である

・明るい

・社交性がある

・やる気がある

・勉強熱心

・頭の回転が早いetc.

上司たちやその他部署の人たちからも評価が高い。

そしてそれは何よりも「あざとい女」なのもその理由のひとつだろう。

 

上司たちの対応を見ると明らかに対応が自分と違うところがある。

・毎回毎回商談に連れていってもらえる

(自分の場合、配属された当初、放置で事務所に取り残されることが多かった。)

仕事を丁寧に1から説明している。

(自分の場合、4くらいからの説明笑)

そしてあざとさにやられ、明らかにデレデレしている上司。。。。

見てらんねえよ。

 

また、上司は彼女に時間をとることが多くなり、さらに自分への教え方がテキトーになったのである。聞きに行くとお前何?みたいな表情で。

文字にすると伝わりづらいが明らかに対応が違うのである。

人ってあんな表情変わるのかってくらい。

 

まあそりゃクソ陰キャラ男と明るい陽キャラ女さんだったらどっちに対応良くするかは一目瞭然。ただあからさま過ぎて。ね。

 

同期が来る ということは心強くうれしい反面、比較対象となってしまう。

比較され、自分の評価は下がる一方。

 

そして嫌な予感はまたもや的中。

上司たちは自分には何も教えてくれなくなった。

ほとんど話しかけてもくれなくなった。

みんな彼女の方に意識が行き過ぎてしまっているからだろうか。

 

彼女を見て思った。

武器が欲しいです。

知識だったり、コミュ力だったり、明るさだったり。頭の回転、地頭の良さだったり。打たれ強さだったり。

自分にはなーんにも武器がない。装備もない。

武器もなく装備もなく、裸で歩いている状態で、怒られるなどの攻撃を食らっている状況である。

取引先との商談も裸で行っている状態。

警察よ早く俺を捕まえてくれ。笑

 

この異動は自分への事実上の戦力外通告だと思っている。

いよいよ部署内で孤立し始めた。

これも「辞めたい要因」の1つなのである。