2年目リーマン退職までの道のり

一人称が毎回違います。会社を辞めようとしている新卒2年目社会人の日常です。社会不適合者の私が主に会社や上司の愚痴を言いながら、仕事を続けていくのかそれとも辞めるのか、日々の葛藤を文章にしております。仕事以外でも趣味のこと、普段の生活では口に出して言えないようなことをつぶやくブログです。

辞め時

何事にも辞め時、諦め時ってものがある。

学校、会社、部活、趣味、恋愛においても。

今は会社を辞めるかで悩んでいるんだけども。。。

 

話は高校時代に遡る。

高校時代、野球部に所属していた。

中学時代の記事です↓

 

www.damesyakaijinn1.com

 

そんなこんなで高校でも野球部に入っていたわけだが、俺は辞める決心をする。

理由

・顧問がどうしても合わない。

・試合に出られない

・上手くならない

・先輩によるいじめ

である。

 

もう今と理由はほぼほぼ似てるよね。

本当にもったいなかった。時間が。

上手くならない野球、

練習時間の拘束、

出られない試合、

先輩からのいびり、

もう何もかもくだらなかった。

ここらで辞め時かなあと感じていた。

そして高校1年の3月末の強化合宿で辞める決心をした。

 

野球部を辞め、坊主から髪を伸ばし、

友達が働いてるココスでバイトすることを決め、

電子ドラムを買ってバンドをしようと思った。

バンドをすればモテると思ったからである。

今まで部活でできなった勉強もして、いい大学を目指そうと思った。

 

だが、上記のナイスプランも失敗に終わるのである。

 

迎えた強化合宿最終日前日。

夜就寝前、同級生の皆に辞めることを伝えた。

 

迎えた最終日。

練習試合である。

俺たちが出られるのは2試合目(要は2軍の試合である。)

ここの2軍の試合にも出られるか怪しかった俺にとって最大の引退に向けた花道が用意される。

スタメンだったのだ。

辞める記念に1本くらいヒット打って終わりにしよう

(当時はヒットを打つことすらままならなかったので)

そんな気持ちだった。

 

試合が終わった。

 

結果は、

6打席も回ってきた。

5安打

ヒットを1試合に5本打ったのだ。

イチローでもあまり聞かない記録である(メジャーリーグと高校野球の2軍を比べてしまい誠にすんません)

 

完全にゾーンに入っていた。

打てない気がしないのだ。

球がよく見えて、自分の狙ったところにボールが飛んでく。

 

こんな能力があったとは。。

こうして自分の能力に未知なる可能性を感じた俺(高校野球の2軍)は、そして大嫌いな顧問も4月で変わったので、辞め時を見失ってしまった。

 

もしここで部活を辞めてバンドを始めていたらどんな人生を送っていただろうか。

野球部のお友達とはもう会ってないんだろうな。とかいろいろ考える。

まあこれも辞めるなというお告げなのかなと(宗教みたいになっちまった。(笑))

 

話は戻り、2月某日。

この日は隙を見て上司が1人になるところを捕まえて、3月で辞めることを伝えようと思った。なかなか他の人もいて捕まらないなあと思っていたところ、

急に上司から、「あ、○○会社の件、今日商談行こう。俺も行くからさ」と。

こうして急遽アポを取り、商談に一緒に行くこととなった。

俺は商談終わりの帰り道、あるいは社内に戻ったタイミングで社内の空いてる部屋に呼び出し、辞めることを伝える作戦を立てた。

 

ところまではよかった。

 

行きの道、会話に困るなあと思って歩いていると、

上司からいきなりこんなことを言われた。

 

まあただただ人手が足りてないだけなんだけどさあ、

先手を打たれてしまった。

まるで俺が今日話すことを知っていたかのように。

こうして辞めることを言い出せなくなってしまった。

 

辞めるなというお告げ?(笑)

 

いやいやいやいやこんな職場とっとと

 

3月中に言うのか。

夏のボーナスまで我慢するのか。

稼げるだけ稼いで辞めるのか。

おのののか

 

すいません取り乱しました。

 

コロナウイルスの影響とかで転職活動も厳しくなりそうだしなあとか考えるとなかなかねえ、、、

 

苦悩の日々は続きそうです。

もうこれ辞める辞める詐欺だよな(笑)

 

いつが辞め時???

 

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!