のびしろしかないわ

冴えない一般男性(24)が結構頑張っているので応援してあげてください。

部活クビになった話

ヤンキーが割と多い中学校だった。

 

ヤンキーというか強そうなイケてるやつっつうのはモテた。

当然自分なんかは体もデカくなく、顔もかっこよくない、そしてヤンキーでもない。

ただ唯一救いだったのは野球部に入っていたこと。

バリバリ陽キャラの1軍ってわけではなかったが、野球部が目立っていたため、

スクールカーストの最下層は免れていた。もちろんモテなかった。

 

自分の入学と同時に強い学校の野球部の先生が赴任してきた。

全国大会にも数回出場しているとのこと。

かなりビビったが、もしかしたら自分も全国大会に出られるかも。

という淡い期待を抱いていた。

 

3年生は夏の大会であっさり負けて引退。

2年生中心の新チームとなる。

 

ザ凡人野球部の自分はサードというポジションを守っていた。

キャッチャーを守っていた一個上の先輩は野球部を辞め、いつの間にか赤髪ヤンキーになっていたのでサード有力視されていた同級生が急遽キャッチャーに。

そして、怪我人も多数出ていた。

そうすると、サードに空きが出る。

先輩にサードを守れる人物がいなかったので、消去法でレギュラーになってしまったのが悪夢の始まりだった。

 

本当にヘタクソであった。

毎試合エラーは必ず。

ただ、バントだけは滅茶苦茶上手かった。

それだけで試合に出ていた。

ただ、それを上回る守備の下手さだった。

ただ、本当にサードをできる人がいなかった。

 

毎回エラーをする自分に毎回怒鳴る顧問。

試合中、練習中もお構いなしだ。

毎回怒鳴られるとメンタルがやられてくる。

あんなに打たれ強かった自分が段々病んでいったのがわかった。

飛んでくるボールは怖かった。

中学生の1個上の打球は違う。

まだ成長期の来てない体に襲い掛かるボールは恐怖であった。

顧問も先輩も打球もヤンキーも何もかもが怖くなっていた。

 

キャッチャーの送球がバウンドでこっちにくる。

捕れないような中途半端なバウンドが体に向かってくる。

ノーバウンドで普通は来るものがバウンドで毎回・毎回捕れなかった。

ある試合でまたキャッチャーが中途半端なバウンド送球をしてきた。

もちろんよけてしまい、点数が入ってしまった。

 

めっちゃ顧問に怒られた後、「おまえ、クビ」

試合に出てないヘタクソ、素行があまりよろしくないヤンキー部員を差し置いて、

真面目に一生懸命やっている自分がクビになってしまった。

てか、キャッチャーの方がクビじゃね?(笑)

その1か月くらい前に顧問に「帰れ」と言われて本当に帰ってしまった事件も影響したのか。にしてもひど過ぎる。

 

こうして不法侵入で警察沙汰を起こした先輩に次いでチームで2人目のクビ部員となった。

万引きがバレた部員でさえ残っているのに。

 

※もちろん私は警察のお世話にはなっておりません(笑)

 

ちなみにこの野球部のエースはのちに俳優でドラマやCMに引っ張りだこのあの人物である。

 

 

www.damesyakaijinn1.com

www.damesyakaijinn1.com

www.damesyakaijinn1.com