のびしろしかないわ

無職(25)のくたびれ日記

無職、はじめます

新卒で入った会社を2年10か月で辞めるという決断をし、

1月某日に退職をする。

 

この2年10か月という期間は一言では表せられないが、

負の連鎖と言ったらいいのか地獄と言ったらいいのか、いい思い出などは1つもない。

とにかくまあ「働く」という事を割と真剣に毎日考える日々であったと同時に、

それは自分に向いていないことだと痛感する日々でもあった。

 

そして気になる今後に関しては"ほぼ"ノープランである。

転職活動をしていなかったわけでもなく、運良く書類が通り、面接を受けた会社もあった。が、いつの間にか心が折れてしまい、今に至る。

 

まあ焦って決めても仕方がないことだし、

働きながら転職活動をするという高度な技術は自分にはなかった。

辞めて落ち着いた環境で一旦冷静になって考えてみることにした。

 

割とこれを許さない世間がある。

次が決まってないのにどうして辞めるのか、

辞めるなら次を決めてから

次は決まったの?

これらの言葉は聞き飽きた。

この言葉から逃げている最中である。

 

毎日早朝同じ時間に起きて、12時間以上働き、家で飯食って寝るだけ。

自分の時間などない。休みもない場合もある。

会社の雰囲気は最悪。誰かが誰かを叱り、文句を言い、八つ当たりをする。

こんな生活は「少しだけ家に帰れる刑務所」である。

いつまでたってもそれを平然と受け入れられないし、

それを平然と受け入れている人を受け入れられない。

 

働かなければ、もちろん生活はできない。

問題なのはその働き方である。

私みたいなタイプは、深夜にやっと力が湧いてきてそこから時間を忘れて一気に仕事をこなすタイプ。その分長い休みを取ってまた一気にみたいなタイプで、

毎日コツコツ働くという「一般的な社会」に根本的に向いていないのである。

また、人が極端に苦手であったり、まともに対話ができないので、

その部分もかなりネックである。

 

今後についてだが、

フリーに働けるような、文章を書く仕事であったり、複数のブログ運営、You Tubeだったり、曲を作ったり、あとは投資で何とか生計を立てて、あとは今目論んでるプロジェクトが上手い方向に進めばそっちを優先してやっていくが、どっちにしろ無職なのは変わりないし、こんな生活で成功するとは到底思えない。

だけど、これでも一般的な給料とギャンブル収入で3年近くで500万貯めたんだぜ。

(実家暮らしのときもあったけど)

まあ何もしなくても半年は生活できるし、する気になったらってかしなきゃいけないんだろうけど転職活動も同時並行で。

 

あとは自分に合った働き方(会社)というのを何とか模索していきたい。

何も考えていないわけじゃないんだぜ。母さん。

 

無職、はじめます。

FREENANCE ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #フリーにはたらく